IPC公式オンラインショップ ~製造業のためのグローバル品質標準・規格~

IPC-7711/21C『電子組立品のリワーク、改造およびリペア』

冊子 日本語

商品説明

『電子組立品のリワーク、改造およびリペア』

【7711/21概要】
IPC-7711/21は、電子組立品とプリント回路板のリペア(修理)とリワーク(再加工・手直し)に必要なあらゆる情報を1冊にまとめた重要な手順書である。リペア・リワークに特化した作業手順書として世界中の企業で活用されている。
リワーク、リペア、改造と言う表現は、非常に類似しているが、目的と状況により、手順の適用方法は同じではない。本書に記載する手順は、製品製造時、出荷済み製品や客先不具合品に対して用いられる。IPC-7711/21では、あらゆる部品種毎(スルーホール、チップ部品、Jリード、QFP、BGA、リードレスなど)の『リワーク手順』、ランドやパッドの剥離、導体切断、スルーホールなどの『リペア・改造手順』を記載している。
※ IPC-7711/21に準拠した公式リペアキットは、こちら

IPC-7711/21は、鉛フリーとSnPbはんだ付の両方で、完全な適用が可能であり、以下の3つのパートで構成されている。
「パート1:一般情報および共通手順」
パート1では、全ての手順において重要なガイドラインとリワーク・リペア・改造において共通する手順を記載している。
※ 組立品の取扱い方法、コーティングの除去手順、再マーキング、メンテナンス方法など。
「パート2:リワーク」
表面実装部品およびスルーホール部品の取外し/取付け手順、使用する工具、材料および複数の方法論を提示している。
※ スルーホールのはんだ吸い取り、チップ部品の取外/取付、SOT・ガルウィングの取外/取付、BGA/CSPの取外/取付など。
「パート3:リペア・改造」
組立品の改造、基板損傷の修理、導体・ランド・パターン剥離等の修理手順、ワイヤーつなぎ接合やジャンパー線を活用した修理方法などを含んでいる。
※ 基板の層間剥離・膨れ、反りやねじれのリペア、(スルー)ホールのリペア、導体の浮きや切断のリペア、ランドやエッジコンタクトのリペア、表面実装パッドのリペアなど。

また、本書では、各手順の実施に必要なスキル(技能)レベルを見極められるよう各プロセスにスキルレベルの指標を掲載している。スキルレベルは、中級・上級・エキスパートの3つ。各手順には、処理が問題なく完成した際に、その製品が達成できる「適合性レベル(元製品の物理的特性と機能的・環境的・運用的要素)」も記載している。

(リビジョンC,2017年発行,404頁,日本語)

※本製品(冊子版)は海外からの輸入品のため、商品に多少のヨレや曲がりが生じる可能性がございます。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

¥ 115,500(税込)

  • ※こちらの価格には消費税が含まれています。
  • ※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
数量:
申し訳ございませんが、ただ今在庫切れです お見積書発行

閲覧した商品

新着商品

商品一覧

目的から探す

用途から探す

特定の製品から探す

ご利用案内

  • よくある質問
  • JAPAN UNIX CORPORATE SITE
  • IPC公認トレーニングセンター